豊島園遊園地における観客流動計画(1969)

園内を回遊する観客行動を30秒ごとに記録するという独自の歩行軌跡の追跡調査から、回遊行動の特性を明らかにし、園内への新しい施設導入に際して適正配置を助言した。特に「左回り(反時計回り)」の実態を解明し、これに沿った施設配置が実施され、園内の滞在時間を増やすことに貢献した。
独創性:遊園地における回遊行動を国内で初めて調査した点、および行動解析にマルコフ過程という数学の考え方を建築計画学に初めて導入した点。

 

沖縄国際海洋博覧会動線計画(1975)

通称「海洋博」の会場計画基本構想の段階で、メインゲートの位置、新交通システムの駅、会場外駐車場の規模や配置が未確定だったのに対し、DYNAMOというシミュレーション専用言語を用いて、会場内動線をモデル化し、いくつかのケースを想定してシミュレーションを実施した。この結果を比較検討して最終的な実施案が決定された。その後の追跡調査により期間中の会場内の観客分布の適正化が明らかになった。
独創性:群衆流をシステムダイナミックスのフローとストックという概念でモデル化したが、その後の群衆流研究や避難モデルのひとつの定番となった点、およびその後、日本国内で開催されたすべての国際博覧会の会場計画を支援および観客流動調査を実施注)した点。

新宿西口地下歩道の拡幅計画(1984)

新宿副都心の建設当初、地下歩道で朝の通勤時に群衆流が発生することから、計画を担当していた坂倉建築研究所から歩道幅員の適切な規模が求められたのに対し、サービス水準の考え方を日本で初めて導入し、これを評価関数とした群衆流動計算を行い、必要な幅員を提示した。これに基づいてその後の整備計画が実施された。この時の調査の内容の一部は、NHKの番組『トライ&トライ」で群衆の行動特性として放映された。
独創性:J.フルーインの提唱した歩行者空間モジュールやサービス水準という概念は、群衆流の状態を表示するものであったが、これを具体的な規模計画に適用した点。

東京都臨海水族園の観客流動予測(1987)

現在の葛西臨海水族園の基本計画の段階で、谷口建築設計研究所の依頼により、館内の観客流動シミュレーションを実施し、水槽の位置変更、アプローチ歩道の幅員拡幅、さらに避難出口の増設など、快適性と安全性を確保した計画内容に変更することに貢献した。
独創性:これまで独自に実施した美術館、博物館における時系列的な観客流動の調査データから、汎用的な観覧時間の推定が可能になっており、それがモデル化の基礎となった点。

prj05.jpg

MoMAミュージアムの館内流動予測(2000)

ニューヨーク近代美術館(MoMA)の増築計画(谷口建築設計研究所が担当)における観客の館内流動計算を行った。高層ビルにおける避難時以外の流動予測はそれまで例がなく、エレベータ、エスカレータを含む縦動線を伴う流動計算の新しいモデルを提案できた。この予測結果に基づきMoMAが必要ないと主張していたエスカレータが実施計画では導入され、館内のスムーズな流動を実現することに貢献した。
独創性:平面上での流動モデルは、最近では多く存在するが、いくつものフロアをまたいだ全館流動は従来行われて来なかった。研究室では不特定多数が来館するいくつかの施設で3次元的な追跡調査を実施しており、そのデータが有効に反映されている点。

prj06.jpg

明石歩道橋事故検証(2001)

兵庫県明石市での群衆災害事故発生直後に、日本テレビの依頼で事故のあった歩道橋での群衆の流動を再現した。実際に事故が発生した地点で想定以上の群衆が密集している状態を流動シミュレーションにより予測し、これを視覚的に示すことで歩道橋の空間上の不具合(幅員不足、ネックなど)を指摘した。
独創性:従来からいくつかのタイプの群衆流モデルを開発していたが、わずか数時間で実際の挙動とほぼ同程度の精度で予測が可能なシミュレーションが実施でき、刻々と変化する流動状況をテレビのニュース報道で使えるように視覚的に映像化できた点。

prj07.jpg

食物アレルギー者対応メニュー提供システム(2003)

食物アレルギーのために生活行動圏が限られている人が安心して外出できるような街づくり、あるいは施設づくりのためには、それを支援する情報システムが不可欠である。そこで、情報関連会社トッパン・フォームズ(株)と共同で、事前に診断された身体情報(アレルギー、生活習慣病、視力など)をWHOが定義するICFコード注)でICカードに記録しておくことにより、それを提示すると個人の身体状況に合わせた適切なメニューが表示される端末システムを開発した。
独創性:建築環境との対応でICFコード注)を導入、さらに建築分野へのコード化に新たな提案をしたのは、この研究が世界で初めてである点。

こどもとげんきが育つ家(2008)

子どもの体力向上に関する山梨大学の中村和彦教授との共同研究を背景に、日常生活の中で子どもが元気になるような建築空間を実現しようという意図から、(株)パナホーム北関東の住宅展示場に「こどもとげんきが育つ家」の設計指導をした。子どもの普段の基本動作で欠けている「のぼる」「くぐる」などのいくつかの基本動作が日常から行えるような部屋配置、規模、造作などを提案したが、展示場では多くの来場者が訪れ、実際に新築住宅に取り入れられた例もある。
独創性:子どもの体力不足を指摘する報告は数多くあるが、それを体操というソフトな解決にとどまらず、日常生活の中で体力向上を支援するような場を住宅内に実現しハード面から解決した点。

こころもからだも元気になるまち-明和町(2008)

典型的な地方小都市において、車中心の生活習慣になることに問題を提起した群馬県邑楽郡明和町からの依頼で、歩いて暮らせる街づくりの基本構想を策定した。従来言われていた半径500メートルの歩行圏ではなく、独自に行った高齢者の日常生活行動圏域調査から、各地区毎に住民の健康度を算出し、これを基準にした街路整備および外出促進のためのバス乗降システム・遊歩道整備などを提案し、議会で採択された。
独創性:歩く魅力を外部空間の施設充実とそれらをネットワークにした運営システムを提案した点。

行動をデザインする(彰国社、2009)

渡辺仁史研究室で、約40年にわたって行われてきた人間の行動調査および計画へのフードバックを体系的にまとめたもの。建築計画学の重要なキーワードである「人間-空間-時間系」を、本学および他大学に巣立っていった渡辺研究室出身の大学教員(12名)により共同執筆し、教科書として活用されている。注)
独創性:具体的な行動調査の方法、モデル化の方法、解析方法などを体系的にとりまとめた点。

スクリーンショット(2011-09-09 18.09.18).png

SimTread(グッドデザイン賞、2010)

行動シミュレーションによって群衆のふるまいを視覚的に確認し、あらかじめ問題となる箇所を抽出することができれば、より安全で快適な建築計画が可能となる。そこで、CADと連動し、個人単位で歩行行動を判断し決定するオブジェクト指向型のシミュレーションシステムを、(株)竹中工務店およびエーアンドエー(株)と共同で開発した。これは主として避難時の行動を予測する避難行動シミュレータであるが、不特定多数が集中するイベントなどの日常の動線計画のスタディにも利用できる。
独創性:従来の避難シミュレーションは、避難時間と滞留人数だけが数値として計算されたが、SimTreadでは、避難開始から終了までの平面上での群衆の動きが一人一人視覚的に把握できる点。

スマートライフ(パレード、2011)

約40年間にわたる研究室の発表論文を基に、そこから見える未来の生活や暮らし方を予測して解説とイラストでまとめた。