2014年度卒論生

和田 愛美   精神の健康と空間との関係性

池川 隼人   認知症対応型グループホームの共用空間が居住者に与える効果の研究

櫻井 佑衣子  五感情報に基づく「まち」の個性の抽出ー地上にあって地下にないものー

高井 慧文   住宅での吊り収納の密度と高さにおける居住可能水準の決定

戸張 圭介   加速度センサーを利用した建築空間における迷い行動に関する研究

松川 祥子   子供の学習空間での自発的行動に与える「香り」の効果

山口 美穂   親密度・集合密度・時間の変化が発話する対人距離の伸縮に及ぼす影響に関する研究

山路 桜子   機能空間の配置からみた診療所における医療従事者の行動特性に関する研究

万木 景太   施主のための自由でダイナミックな建築設計システムの開発

若山 麻衣   建築空間の要素からみたオノマトペによる表現

 

2015年度卒論生

安藤 耀司(あんどう ようじ)  電車内における五感を通じた空間向上
小場瀬 卓志(おばせ たかし)  設計プロセスの可能性
塩谷 希武(しおたに のぞむ)  未完の可能性、田舎の可能性
郑 琳 (てい りん)       色彩空間におけるヒトの自律神経への影響
中本 俊一(なかもと しゅんいち)観光と建築の関係
畑江 輝 (はたえ ひかる)    座ることと建築空間の在り方・可能性について
花島 凛子はなしま りんこ)   コーポラティブハウスの日本における意義
藤井 真彩(ふじい まあや)   バーチャルブティック
藤波 勇次(ふじなみ ゆうじ)  コンピュータファブリケーション
藤本 朱久里(ふじもと すぐり) 偶発的事象と建築
舟橋 翔太(ふなはし しょうた) 人主体で無い建築物の研究
三浦 郁(みうら いく)     台所と住居空間の相互関係、V.M.Dを住宅へ持ち込む
宮原 一樹 (みやはら かずき)  データセンターを支えるインフラストラクチャーについて
山口 理伎(やまぐち りき)   建築におけるテーラーメイドなデザイン