hitoshi01.jpg
img05.jpg
渡辺研研究室紹介-2.jpg
卒論2015wide.jpg
hitoshi01.jpg

Bio


Hitoshi Watanabe

SCROLL DOWN

Bio


Hitoshi Watanabe

 

渡辺仁史(わたなべひとし)

早稲田大学理工学部建築学科教授、工学博士。専門;建築計画、建築人間工学、建築情報学。1970年早稲田大学理工学部建築学科卒業、1972年同大大学院理工学研究科建設工学専攻修士課程修了、1975年同博士課程満期退学。1973年早稲田大学理工学部助手、専任講師、助教授を経て1986年同大理工学部建築学科教授。1983-84年 カナダ、ブリティッシュ・コロンビア大学客員教授。主な著書に「建築計画とコンピュータ」(鹿島出版会)、「ハンディブック 建築」(オム社)、「建築デザインのためのデジタル・エスキース」(彰国社)、「行動をデザインする」(彰国社)、「スマートライフ」(パレード)など

 

委員会など学外活動

日本建築学会:第50期評議員、第2期代議員、関東支部常議員
同上:情報システム委員会委員ほか
日本社会情報学会:理事
日本建築センター:建築防災計画評定委員会委員(1991-1999)
同上:建築確認支援システム開発委員会委員(1990-1991)
同上:建築インフラ総合計画手法検討委員会委員(1990-1991)
同上:ハイパービルディング研究会委員(1995-1996)
建設省:建築審議会専門委員(1992-1994)
同上:高度情報化に対応した官公庁施設の整備手法開発研究会委員(1989-1991)
同上:広域行政拠点地区管理運営計画策定調査委員会(1994)
同上:国立国会図書館(関西館)競技設計審査専門委員(1997)
国土開発技術研究センター:官公庁オフィスリニューアル研究会委員(1988-1991)
同上:長寿社会における居住環境向上技術の開発委員会委員(1989-1991)
同上:官庁施設移転街区管理運営計画策定調査検討委員会委員(1993)
運輸省:大深度地下鉄道における昇降システムの研究委員会委員長(1989-1991)
同上:臨海副都心線サイン計画委員会(1994)
建築技術教育普及センター:建築設備士試験委員(1990-1993)
私立大学情報教育協会:情報教育研究委員会委員(1997- )
2005年日本国際博覧会協会:安全対策会議副議長(2001-2005)
財)建築行政情報化センター:建築行政情報化推進委員会(2001-2004)
国土交通省:ホーム柵設置促進に関する検討会(2003)
同上:九段第3合同庁舎・千代田区役所本庁舎整備等事業有識者等委員会委員
同上:立川地方合同庁舎整備等事業有識者等委員会委員(2008)
同上:東京税関大井出張所整備等事業有識者等委員会委員(2009)
同上:東雲合同庁舎整備等事業有識者等委員会委員(2009)
社)日本パーソナルコンピューターソフトウエア協会:CAD利用技術者試験委員会委員(2003- )
総務省:大規模地震に対応した消防用設備等のあり方に関する検討会副委員長(2008- )
埼玉県:東部地域振興ふれあい拠点施設整備事業審査委員(2008-  )ほか
 

 
img05.jpg

Research


Research

 

Research


Research

 

受託研究・共同研究


建築設計のための知的CADシステムの一般住宅への適応可能性調査およびオブジェクト指向他の研究
市立北九州大学基本構想計画
駅及び周辺の人間流動調査
駅附随施設における時系列利用者数の調査
マルチメディア時代における労働と余暇に関する調査
インターネット上の建材データベースの構築、運用
空港周辺整備構想施設利用動向調査
ニューヨーク近大美術館増改築工事に伴う動線計画の研究
集住コミュニティー形成のためのインターネット技術に関する調査研究
集住のためのシニアコミュニティ形成に供する情報技術に関する調査研究
函館金森倉庫群開発入場者予測の研究
人の集まる場の人間行動の計測技術と行動解析技術の研究
空港周辺整備施設利用動向調査及びアンケート実施業務
オブジェクト指向ビジュアル群集流動シミュレーターの研究
集住のためのシニアコミュニティ形成に供する情報技術に関する調査研究
人の集まる場の人間行動の計測技術と行動解析技術の研究
オブジェクト指向ビジュアル郡集流動シミュレーターの研究
館林市及び板倉町における高齢者に健康な都市づくりに関する産学共同研究
オブジェクト指向ビジュアル群集流動シミュレーターの研究
人の集まる場での人間行動の観測技術と行動解析技術の研究
ICF情報を活用した将来型病院システムの研究開発
ワーク効率とワーカーの健康面から評価するオフィスワークスペースの規模と配置に関する研究
建築物内部におけるICタグの適用シーンの調査・研究
レジャー施設を対象としたWebマーケティング技術の研究
非健常者を考慮した暗視下における蓄光式避難誘導システムの研究
人の滞留を促す環境要素とその配置に関する研究
健康住宅「子供と元気が育つ家」の設計・装備に関する研究
滞留空間における滞留行動を促す要因に関する研究
こころもからだも元気になるまち⊸明和町+早稲田大学・健康都市に関する共同研究⊸
人の日常行為への五感刺激フィードバックによる人にやさしい空間デザイン技術の研究
住宅の中の「モノと人」との関係の共同研究テーマ:これからの操作系作法のあり方
駅空間における非常時を含めた旅客の行動特性の解明
銀座六丁目計画に伴う百貨店・オフィス複合施設における人間行動シミュレーションの研究
住宅の中の「モノと人」との新しい関係に関する共同研究テーマ:これらの玄関空間、及び身支度行為の提案
こども用の学習デスクでの学習効率についての研究。特に学習への集中について様々な角度からの実験を行う。
幼児が寄り付きたくなる、さそわれやすい、長く滞在する家具についての研究
UDプラス仮説概念の研究
都市における休憩需要をもとにした休憩空間の配置計画に関する研究
住宅の中の「モノと人」の新しい関係に関する共同研究テーマ:これからのLDK空間の行動観察による新しいあたりまえ提案
回遊空間における情報サービスに関する研究
映像からの旅客分布取得に関する研究
非住宅空間(鉄道駅)における行動観察手法を用いた商品開発手法を実践し、その結果をナレッジ化する共同研究
映像からの旅客分布予測に関する研究


渡辺研研究室紹介-2.jpg

Member


Member

 

Member


Member

 

 

2015年度 渡辺仁史研究室在籍者


 

教授 渡辺 仁史 FB   未来の暮らしをデザインするニュー・スマートライフ

助教 小林 恵吾     未来の建築の可能性・国際性

 

博士課程

D2 植村 遥    未来のライフスタイルを実現するための生活空間と情報化

修士課程

M3 高田 園子   日本の伝統建築におけるしつらえに関する研究

M2 斎藤 麻美   素材感が空間に与える影響

M2 有川 愛彩   テキスタイルが空間に及ぼす影響とそのインタラクティブな効果

M2 石橋 優貴   夜間保育における建築空間が幼児に与える影響

M2 大崎 名美映  内部空間における色面積の割合と感じ方の関係性

M2 小野山 賀惠  災害時における被災者の居住空間の継続性

M2 小峰 佑里奈  子どもの創作行動を促す土遊びの場の在り方

M2 佐藤 洋平   高齢者の空間利用に聴力が与える影響

M2 立野 顕吾   人間の感覚と空間認知

M2 陳 紹華    準静電界と歩行者の関係性

M2 戸村 陽    ユーザによる空間の自己生成

M2 柳瀬 秀俊   建築における緑空間がもたらす五感への影響とその関係性

M1 若山 麻衣   オノマトペの音と空間評価の関係

M1 万木 景太   ビッグデータを変数とした空間のパラメトリックデザイン

M1 山口 美穂   発話を促進する要素と空間デザイン及び空間評価の関係性

M1 池川 隼人   認知症対応型グループホームにおける空間構成と居住者の関係性

研究生

曲 ショウゼン

理工研プロジェクト研究

招聘研究員 中村 良三

招聘研究員 前田 利民

客員准教授 林田 和人

卒論2015wide.jpg

New member


2015 New Member

 

New member


2015 New Member

 

2014年度卒論生

和田 愛美   精神の健康と空間との関係性

池川 隼人   認知症対応型グループホームの共用空間が居住者に与える効果の研究

櫻井 佑衣子  五感情報に基づく「まち」の個性の抽出ー地上にあって地下にないものー

高井 慧文   住宅での吊り収納の密度と高さにおける居住可能水準の決定

戸張 圭介   加速度センサーを利用した建築空間における迷い行動に関する研究

松川 祥子   子供の学習空間での自発的行動に与える「香り」の効果

山口 美穂   親密度・集合密度・時間の変化が発話する対人距離の伸縮に及ぼす影響に関する研究

山路 桜子   機能空間の配置からみた診療所における医療従事者の行動特性に関する研究

万木 景太   施主のための自由でダイナミックな建築設計システムの開発

若山 麻衣   建築空間の要素からみたオノマトペによる表現

 

2015年度卒論生

安藤 耀司(あんどう ようじ)  電車内における五感を通じた空間向上
小場瀬 卓志(おばせ たかし)  設計プロセスの可能性
塩谷 希武(しおたに のぞむ)  未完の可能性、田舎の可能性
郑 琳 (てい りん)       色彩空間におけるヒトの自律神経への影響
中本 俊一(なかもと しゅんいち)観光と建築の関係
畑江 輝 (はたえ ひかる)    座ることと建築空間の在り方・可能性について
花島 凛子はなしま りんこ)   コーポラティブハウスの日本における意義
藤井 真彩(ふじい まあや)   バーチャルブティック
藤波 勇次(ふじなみ ゆうじ)  コンピュータファブリケーション
藤本 朱久里(ふじもと すぐり) 偶発的事象と建築
舟橋 翔太(ふなはし しょうた) 人主体で無い建築物の研究
三浦 郁(みうら いく)     台所と住居空間の相互関係、V.M.Dを住宅へ持ち込む
宮原 一樹 (みやはら かずき)  データセンターを支えるインフラストラクチャーについて
山口 理伎(やまぐち りき)   建築におけるテーラーメイドなデザイン